歯の変色を改善する歯科治療の種類

歯の変色を改善する歯科治療の種類

歯科治療では、歯の変色を改善させる複数の方法が提示されることがあります。

最も簡単な方法はホワイトニングで、歯の変色を薬剤の塗布により改善させるものです。

ホワイトニングは健康な歯への負担も少なく、短期間で黄ばみを解消できるケアとなります。しかし、歯の変色のトラブルの中には、ホワイトニング剤では対応できないものもあり、先天的な要因で変色している歯には効果がないという特徴や、治療を受けた箇所にホワイトニングができないなどの施術における難点も見受けられます。

そのため、ホワイトニングが適用できない症例では、変色している部分にセラミック製の冠を被せてしまう方法も適用されます。



セラミックの被せ物は、ホワイトニングで除去できない汚れた歯でも、冠を被せてしまう為に問題がありません。また、理想的な歯の形状を作り出すことも可能で、歯の間に隙間がある箇所には冠で埋めてしまう事も可能です。



また、セラミック製の冠を被せる歯科治療は、黄ばみや変色も少なく、メンテナンスのしやすさもメリットとして挙げられます。セラミックという特殊な素材は、保険適用される歯科材料とは異なり、周囲の歯との色調のバランスをより微妙に調節できたり、美しく艶やかな素材である事から、審美性にも優れた材料です。

そのため、口腔内の美的な側面を重視した治療を希望する場合には、セラミック製の冠を被せる治療が有効で、審美性を向上させる様々な報償を得る事もできます。



Copyright (C) 2015 歯の変色を改善する歯科治療の種類 All Rights Reserved.